01/11/2006

BSE関連のクリップ

世界のBSE発生状況
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/bse/count.html

是々非々を貫く科学の復権を!
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Forum/BSE051025.htm

BSE騒動の本質
http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bsefacts.html
どうして、オーストラリアの肉が食べられるのさ?オーストラリアで狂牛病が出ていないからだって??あんた,おめでたいね.だって, オーストラリアは全頭検査をやっていないんだよ。だからさ,狂牛病がでていてもわからないんだよ。

米牛肉大手がJAS取得・対日輸出で不安解消狙う
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060107AT2F0700B07012006.html
認定業者は牛の品種、性別、生年月日、飼養地、給餌情報などを正確に記録・管理するとともに、商品にマークを付けることができる。

アメリカ産牛肉輸入再開への現状
http://kaikin.jp/_test/genzyo.php

ひよっこ科学者のアメリカ悶絶にっき
http://ameblo.jp/mayumayujolly/

世の中分からぬことばかり!(2)
http://ebara.air-nifty.com/ebara/2006/01/post_5456.html

米国牛肉、輸入解禁延期へ 07.18.2004
http://www.yasuienv.net/BSE07172004.htm

個人的には全頭検査なしでも十分な程度のリスクの軽減とはなると思います。
ただ、危険部位除去についての体制をより強固とする、 また飼料などについての検査態勢を強化するというようなことをアピールするために輸入解禁は先に延ばすべきだったと思っています。 (それによってリスクが減るとかそういうことではなしに)

最近の日本人は牛肉食べ過ぎなんじゃないかな?
どうでしょうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/02/2005

宗論は、どちらが勝っても釈迦の恥

【他称:原理関係者】mumurブログ:靖国「違憲」判断に関する主要各紙の論調比較
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50123738.html

#とりあえず新聞社が宗論をやっちゃってるのがなあ。それとは関係なく、今年も小泉首相は参拝するでしょうけど。

メディアリテラシーについて:今こそ産経バッシングをなぜしない
http://d.hatena.ne.jp/Schwaetzer/20051001

#ID論てのはもう本当に宗論であって、科学教育にかんしてなら 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教の創造論も教えるのか?ってことまでにもなる。また、 ギネアアブラヤシ教に創造論があればそれはどうなんだってことでもある。

#大体靖国参拝に関しては、あれが「判決」なのか「判断」なのかっていうところが分からなくても話に加われる、 っていうものすごく低いハードルしかなく、大方はいくつかのテンプレートの中のどれかを選んで話題にしているだけに見えます。 年寄りの繰り言にも似ているか。

#逆にID論に関してはかなりハードルが高い。まず「進化論」を知らなければいけないし、その後に「ID論」を知り、 どういうものでどういう問題があるか理解出来なければいけない。これで大多数が脱落するだろう。 周りで話題にしている人もいないだろうしテンプレートもないので自分で考えなくてはいけない。 (大方は黒影さんの幻影随想で語り尽くされてるような気もします)

#トンデモの産経というのは前提だと思うのですが、だから産経を叩くというのは、だから「ムー」 を叩くと同じようなものではないでしょうか。そんなわけで個人的には以下の問題の方が気になっているんですが。

松井三郎氏による環境ホルモン名誉毀損裁判
http://blogs.yahoo.co.jp/chemist_at_univ/11542526.html
環境ホルモン濫訴事件:中西応援団
http://www.i-foe.org/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/09/2005

サイエンス色々 6月9日

神経科学で商品を売り込め――ニューロマーケティングの挑戦
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050603303.html
究極的には、脳をスキャンすることにより、 マーケティング業者は人の心が商品にどう反応するかをより的確に見極められようになるかもしれない。

バラの「青」阻む遺伝子を特定
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2005/0609/nto0609_5.asp

なぜ宇宙人を探すのか? 日本の「SETI@NHAO」 プロジェクト
http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2005/06/03/setinhao/

天井も移動できる6本脚ロボット 阪大開発
http://www.sankei.co.jp/news/050606/sha077.htm

食糧問題データ 市民のための環境学ガイド
http://www.yasuienv.net/FoodFacts.htm

#まあ、牛肉食べずに納豆食べよう。ってこと。(w

前代未聞の天文イベントへ、準備進行中
http://www.astroarts.co.jp/news/2005/06/03deep_impact/index-j.shtml

物理が大っ嫌いな人のための物理
http://www.linkclub.or.jp/~nasa-nbl/myself/myscience.html

#物理は苦手です。はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/04/2005

6月4日のサイエンス

ロマンティックな恋が止められなくなる理由
http://www.biotoday.com/view.php?n=7546

#そういえば信頼感に関係する物質なんてのが報道されましたっけ。 感情なんてのもある程度そういうシステムによって動かされてるんじゃないかな。

前頭前野が障害をうけると皮肉を理解できなくなる
http://www.biotoday.com/view.php?n=7544

#ネットではそういう皮肉を理解できないっていう人をよく見かけるような気がします。

 オーストラリアの巨大な動物達は、気候変動によって絶滅したのでしょうか?
http://www.mypress.jp/v2_writers/miyu_desu/story/?story_id=1064943

科学を易しい言葉で――“通訳”養成、大学院で
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050531i116.htm
閑話休題 : 科学“通訳”養成 スタート
http://www.mypress.jp/v2_writers/miyu_desu/story/?story_id=1064892

#上手くいくといいですね。ただ、「科学」ってのは単語だけではなく、その思考法が肝要だと思います。 そのあたりがネックにならないように、成人の基礎能力として一般的になっているといいですね。

理系白書ブログ: 女子と理系
http://spaces.msn.com/members/rikei/Blog/cns!1pqciTw8cEc9bQRgc8cCtTYg!2278.entry

#否定するコメントのはずなのに肯定する内容になっているのが可笑しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/30/2005

あるページの閉鎖

うーん。結局ページ上の情報をパクって(または意味不明な内容で)携帯メールで配信したところがあって、それを利用した人が時間などを配慮せずに電話をしてきたってことなんですねえ。
名前を無断で使われ、電話番号を晒されて大変お気の毒だと思います。

さて、こういう場合、どうすれば良いんでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/22/2005

5月21日のクリップ サイエンス

6人の声、聞き分け 東芝が生活支援ロボット開発
http://www.asahi.com/digital/av/TKY200505200312.html

授業中に発明、マウスの特許出願 札幌の柳堀さん、釧路高専時代
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050521&j=0025&k=200505213618

恐竜博、開幕59日目で40万人突破
http://www.asahi.com/culture/update/0521/011.html

宇宙空間での広告禁止 法令化への動き
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081116590136.html

人間は進化の過程でがんになりやすく…米大学など発表
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050521i306.htm

黄砂が増えれば花粉は減少 10年周期で反比例の関係
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005052101003976

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2005

5月20日のクリップ サイエンス

ブラックホールの産声、50ミリ秒のガンマ線バーストを捉えた
http://www.astroarts.co.jp/news/2005/05/18short_gamma-ray_burst/index-j.shtml

筑波大がロボットスーツ開発
http://www.business-i.jp/news/top-page/topic/art-20050517214651-MOSYVQJPAW.nwc

東芝:“ご主人様”について来る「お供ロボット」開発
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050521k0000m020017000c.html

昭和初期のロボットです ちらし配りで活躍
http://www.sanyo.oni.co.jp/34news/2005/05/20/20050520082200.html

ゆで卵:回転で跳び上がる「起き上がり」に新説
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050520k0000e040087000c.html

データ改ざん:
米医学誌への論文取り下げる 大阪大学
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050519k0000e040043000c.html
「たくさん食べても太らない」論文、データ改竄あった
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_05/t2005052052.html

クローン技術応用、患者のES細胞作製…米韓チーム
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050520i101.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2005

5月18日のクリップ サイエンス

■サイエンス

シュレディンガー音頭
http://schrodinger.haun.org/

N極が南でS極が北に
地磁気の逆転 解明の夢
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sci/20050510/ftu_____sci_____001.shtml

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2005

5月16日のクリップ サイエンス 医療・健康

■サイエンス

遺伝子の先祖を容易に同定できる遺伝子「考古学」ソフトウェア
http://www.biotoday.com/view.php?n=7295

■医療・健康

テレビゲームは慢性脳梗塞患者の運動機能を改善する
http://www.biotoday.com/view.php?n=7297

一般市民がよく取る健康食品の第1位は「ビタミン類」
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/375065

[トンデモ][医学]医療費を成功報酬制に
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050515#p1
  ↓
http://rokusei-so.cocolog-nifty.com/syosai/2005/05/post_84d9.html

#まあ、難症例は治療やめとこになるか、それは成功報酬から外すね。になりそうな予感。で、全般的に治療費の高騰がおきそうですが。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05/07/2005

5月7日のクリップ 科学

■科学・技術

紫外線:
もう怖くない!? 遺伝子修復のメカニズム解明--理化学研など
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20050507ddm012040043000c.html
紫外線による遺伝子の傷を修復するために働く新たなメカニズムを発見
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20050506/index.html

#これで結集しなくとも良くなる?
皮膚がん予防へ1万人が結集
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050507-02454655-jijp-int.view-001

土星の衛星を一気に12個発見
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050507/mng_____sya_____003.shtml

99年から行方不明の探査機、火星の南極付近で発見
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050506i515.htm

■医学・健康・医療

10~20歳代が献血離れ 学校などでの機会減少
http://www.asahi.com/life/update/0507/004.html?t1

胎児を母体内で治す時代に
http://kk.kyodo.co.jp/iryo/news/0506taiji.html

江戸時代の武士は歯磨き熱心、庶民より少ない虫歯
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050507i501.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)