« 医療関係のクリップ | Main | テスト »

01/11/2006

BSE関連のクリップ

世界のBSE発生状況
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/bse/count.html

是々非々を貫く科学の復権を!
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Forum/BSE051025.htm

BSE騒動の本質
http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bsefacts.html
どうして、オーストラリアの肉が食べられるのさ?オーストラリアで狂牛病が出ていないからだって??あんた,おめでたいね.だって, オーストラリアは全頭検査をやっていないんだよ。だからさ,狂牛病がでていてもわからないんだよ。

米牛肉大手がJAS取得・対日輸出で不安解消狙う
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060107AT2F0700B07012006.html
認定業者は牛の品種、性別、生年月日、飼養地、給餌情報などを正確に記録・管理するとともに、商品にマークを付けることができる。

アメリカ産牛肉輸入再開への現状
http://kaikin.jp/_test/genzyo.php

ひよっこ科学者のアメリカ悶絶にっき
http://ameblo.jp/mayumayujolly/

世の中分からぬことばかり!(2)
http://ebara.air-nifty.com/ebara/2006/01/post_5456.html

米国牛肉、輸入解禁延期へ 07.18.2004
http://www.yasuienv.net/BSE07172004.htm

個人的には全頭検査なしでも十分な程度のリスクの軽減とはなると思います。
ただ、危険部位除去についての体制をより強固とする、 また飼料などについての検査態勢を強化するというようなことをアピールするために輸入解禁は先に延ばすべきだったと思っています。 (それによってリスクが減るとかそういうことではなしに)

最近の日本人は牛肉食べ過ぎなんじゃないかな?
どうでしょうか。

|

« 医療関係のクリップ | Main | テスト »

Comments

 感染症対策としてもっと緊急性の高いものはいくらでもあり、コスト対効果を重んじるならば、BSEよりも西ナイル熱、マラリア、インフルエンザ、C型肝炎対策などを優先すべきです。
 BSEは未知の部分が多いですが、それらは、今現在の危険なのですから。

 特にインフエンザは、ワクチン接種に対する補助が健康人にありません。これが接種率を下げていると思う。感染による死亡率が極めて低い健常人であっても、ワクチン接種をすることで死亡リスクの高い呼吸器疾患患者や高齢者への感染を押さえるという社会防衛効果があります。

Posted by: Inoue | 01/24/2006 at 08:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67115/8115863

Listed below are links to weblogs that reference BSE関連のクリップ:

« 医療関係のクリップ | Main | テスト »